私たちの作り出すものは、その工程や手法は別にしても、成果としてはどれも驚愕すべきものはありません。

どこに何がある、ここの位置はこれである、という当たり前と思われる情報を正確に作っています。

精密な地形データや位置情報を提供して、それにより、人々が安心で快適な暮らしを実現することができるようになります。

それは治水、 砂防といった大掛かりなものから、歩道の段差にいたるまで、実にさまざまなニーズがあります。

私たちは、誰もが当たり前のように空間情報を見て使えるような、そんな社会の地図情報のインフラ基盤整備に貢献したいと考えています。

また、 私たちが伊能忠敬の作った伊能地図を見てその正確さに感心するように、数百年後に我々の地形データを誰かが見て 「昔の人は随分と精緻なものを作っていた」と感心されてみたいと思うのです。

代表取締役 大西 錦城